老眼の始まりは30代から!目をいたわろう

老眼はすが、パソコンや携帯電話を多用したり、運動不足な生活習慣といった、目にとって過酷な環境が増えた最近では30代から老眼に注意したほうが良いといわれています。 老眼の症状には近くのものが見えにくくなり、新聞や本を読むと目が疲れたり、肩こりや頭痛などがあります。 水晶体を厚くして焦点(ピント)を合わせて物をはっきり認識しますが、加齢によって目の機能が衰えてくるとピント合わせが困難になってしまうのです。 老眼になったらとくに目が疲れたときには休憩して、目を酷使しすぎないことが重要です。 バランスの良い食事と休養、適度な運動をして血液循環を良くして、目と身体の筋肉の衰えを最小限にしましょう。