レーシックとは?

レーシックってこの頃聞きますが、本当にのかちょっぴり心配ですね。そのためもっと良く知りたいと思って調べてみました。 レーシックは、エキシマレーザーによる視力矯正手術のひとつで、レーザー照射で目の角膜の屈折力を変えることによって、焦点を整え、視力を矯正します。 この原理はコンタクトレンズや眼鏡と同じです。視力矯正の治療が可能になってきています。 変わりはなく、リスクはゼロではないことも知っておいたほうが良いですね。 サイトで体験者の話を読んでみるのも参考になります。 実際に7年ほど前にレーシックを受けた友人はしばらくは黒いサングラスをかけていました。
レーシック(lasik)とは、遠視などの視力障害を手術によって治療する視力矯正法です。レーシックは角膜にレーザーを当てて屈折を矯正し、屈折異常を治す手術です。機械で角膜の表面を薄く削りフラップを作り、エキシマレーザーを一部を蒸散すると角膜の曲率を下げて近視を矯正します。 レーザー照射を調節することで乱視も矯正可能です。 代わりにレーザー(イントラレーザー)によってフラップを形成する術式もあります。 事によって、裸眼視力そのものを回復させるので、近視や遠視になる前の快適な生活を取り戻すことができます。 レーシックを受けた芸能人も人にもレーシックが広まってきました。
レーシックはエキシマレーザーというレーザー装置で角膜を薄く削る手術です。マイクロケラトームでフラップを作ります。エキシマレーザー装置にはアイトラッカーという機能がついているので、たとえレーシックの手術中に患者の目が動いてもレーザーが動きにあわせることができます。 そのおかげでレーシックは高い成功率と安全性を誇っています。スポーツ選手にもレーシックを受ける人が多くなってきたのも、レーシックの安全性が広く知れ渡るようになったことが大きいといえます。ため、早くレーシックを受けておきたかったというのは体験談でも聞かれます。 実際にレーシックを受けた友人は7年も裸眼生活を満喫しています。 怖そうだと思ったのは誤解なのかも?ただしっかり納得してから受けたいレーシックではあります。
イントラレーシックとは、最新のレーシックです。コンピュータ制御によってフラップを精密に作成することで正確・安全に角膜にフラップを作成できるようになりました。レーシックはマイクロケラトームという装置でフラップを作成しますが、イントラレーシックの方が安全で確実にフラップを作る点が特徴です。 マイクロケラトームによってフラップを作ることは可能です。