2011年 9月

視力矯正とまではいかなくても、目を酷使すると目が疲れて物がぼやけたり、不快な症状に悩まされます。 ビタミンAは鮭、うなぎ、内臓、にんじん、かぼちゃ、などに多く含まれていますので、目を酷使したり目の疲れを感じたら意識して食べるようにしましょう。 色素でブルーベリーに多く、また、ブルーベリーの仲間のビルベリーには多く含まれています。 日常的に目を酷使したり、加齢によって、目の機能が低下したり、目が疲れやすくなったり、物がかすんで見えたりすることが多くなってきます。 ブルーベリーや疲れ目やかすみ目を改善しましょう。 ヨーロッパでは昔から老眼や白内障の予防にも効果的ということで、ブルーベリー、ビルベリーが目に効く食べ物として伝えられています。ブルーベリーティーにも愛飲されています。
近視は放っておくと悪くなるといわれていますね。 近視になってしまうと、遠くのものが見えにくい為に、遠くのものを見ようとしなくなるためです。生活習慣を一新して遠くのものも見るようにして近視の進行を防ぎましょう。 視力回復といえば流行のレーシックですが、レーシックは20才以下の方は受けることができません。 子供の場合は視力回復が早いので、視力が悪くなったら視力回復トレーニングをあげたいものですね。サイトにも視力回復のトレーニングができるサイトがいくつかありますし、自宅でやるのも良いですね。 近視にならない生活習慣を子供の頃から身につけると良いですね。 見ていることが近視の原因といわれていますので、遠くのものを子供の場合は外でボール遊びを運動をすることもおすすめです。 ゲームとテレビとパソコンでは視力も悪くなってしまいますね。
老眼はすが、パソコンや携帯電話を多用したり、運動不足な生活習慣といった、目にとって過酷な環境が増えた最近では30代から老眼に注意したほうが良いといわれています。 老眼の症状には近くのものが見えにくくなり、新聞や本を読むと目が疲れたり、肩こりや頭痛などがあります。 水晶体を厚くして焦点(ピント)を合わせて物をはっきり認識しますが、加齢によって目の機能が衰えてくるとピント合わせが困難になってしまうのです。 老眼になったらとくに目が疲れたときには休憩して、目を酷使しすぎないことが重要です。 バランスの良い食事と休養、適度な運動をして血液循環を良くして、目と身体の筋肉の衰えを最小限にしましょう。
視力が低下しないため、また目の健康を維持するために改善などにといわれている栄養素のサプリメント。人気がのはブルーベリーですね。ブルーベリーの仲間でビルベリーという濃いベリーには視力に良いと言われるアントシアニンが多く含まれています。ブルーベリーでさえ飲めば12時間ほどの視力回復効果があるといわれるほど、目の健康に大変効果的です。他には菊花エキスがあります。 菊花エキスは昔から漢方の目の薬としてトラブルを改善するために使われています。充血、疲れ目、かゆみなどに効果があります。 視力を良くしたり、疲れ目を改善する作用があります。 牡蠣、タコなどの魚介類に豊富に含まれているタウリン。 昔からあさりやしじみのお味噌汁は目をすると言われています。 美味しく食べて視力も良くなるのは嬉しいですね! レーシックを受けたあとにも目を大切にしたいものです。
疲れやすい目の健康に良いとされる栄養素はビタミンAなどですが、菊花エキスやハブ茶などのハーブ類も目の疲れに効果的とされています。 菊花エキスの成分は、炭水化物、タンパク質、香気成分等ですが、漢方では、「明日(めいもく)」と呼ばれ、薬として使われてきました。 充血、疲れ目、かゆみなどの改善に用いられます。 中国では種子を決明子(けつめいし)と呼ばれています。疲れ目に効果があるとされています。遠くの緑を見ることで目の筋肉を休ませたり、良い睡眠をとることが何よりも大切です。
疲れ目、ドライアイ、目には過酷な環境ですが、目に優しい食べ物は何でしょう?良く言われているのはビタミンAですね。栄養素があります。 ビタミンC、ビタミンB1・B2、ビタミンE、アントシアニン、亜鉛など視力回復に効果があります。 レバーには亜鉛も、貝類のカキにはビタミンB1、B2、亜鉛、 ビタミンCは果物、かんきつ、パセリ、ピーマンなどの豊富です。 かぼちゃ、へーゼルナッツ、アーモンド、ハマチ、ブルーベリーにはビタミンA,ビタミンE,アントシアニンが豊富で目す。 栄養素を摂るのではなく、様々な食材を組み合わせて食べるバランスの良い食事が目の健康にも大事なのですね。 食べ物からは過剰に摂取する心配はありません。
レーシックは安全と言われていますが、リスクは全く言い切れません。事前にレーシックのことを理解して、リスクを避けたいものです。 症状が出たと3ヵ月で消えると言われています。瞬きが減るなどの理由で目の表面が乾いて傷つきやすくなる症状です。 起こりますが、瞬きが減少して量が不足することが原因と言われています。レーシックを受けた後にもドライアイの症状が現れることがありますが、ほとんどが3ヶ月で消えると言われています。レーシックのあとでドアイアイの症状が場合には目薬や涙点プラグを挿入することで症状を緩和します。その他トラブルには稀ですが、角膜につけたフラップを元に戻す時にシワが原因となったり、トラブルなどでフラップが不完全になることで起きる上皮剥離、感染症などが可能性としてはありますが、稀です。 報告はありません。レーシックはまだまだ新しい治療法なので、これから。 友人にも前に海外でレーシックを受けた人がいますが、視力は良好です。
レーシックってこの頃聞きますが、本当にのかちょっぴり心配ですね。そのためもっと良く知りたいと思って調べてみました。 レーシックは、エキシマレーザーによる視力矯正手術のひとつで、レーザー照射で目の角膜の屈折力を変えることによって、焦点を整え、視力を矯正します。 この原理はコンタクトレンズや眼鏡と同じです。視力矯正の治療が可能になってきています。 変わりはなく、リスクはゼロではないことも知っておいたほうが良いですね。 サイトで体験者の話を読んでみるのも参考になります。 実際に7年ほど前にレーシックを受けた友人はしばらくは黒いサングラスをかけていました。
レーシック(lasik)とは、遠視などの視力障害を手術によって治療する視力矯正法です。レーシックは角膜にレーザーを当てて屈折を矯正し、屈折異常を治す手術です。機械で角膜の表面を薄く削りフラップを作り、エキシマレーザーを一部を蒸散すると角膜の曲率を下げて近視を矯正します。 レーザー照射を調節することで乱視も矯正可能です。 代わりにレーザー(イントラレーザー)によってフラップを形成する術式もあります。 事によって、裸眼視力そのものを回復させるので、近視や遠視になる前の快適な生活を取り戻すことができます。 レーシックを受けた芸能人も人にもレーシックが広まってきました。
レーシックはエキシマレーザーというレーザー装置で角膜を薄く削る手術です。マイクロケラトームでフラップを作ります。エキシマレーザー装置にはアイトラッカーという機能がついているので、たとえレーシックの手術中に患者の目が動いてもレーザーが動きにあわせることができます。 そのおかげでレーシックは高い成功率と安全性を誇っています。スポーツ選手にもレーシックを受ける人が多くなってきたのも、レーシックの安全性が広く知れ渡るようになったことが大きいといえます。ため、早くレーシックを受けておきたかったというのは体験談でも聞かれます。 実際にレーシックを受けた友人は7年も裸眼生活を満喫しています。 怖そうだと思ったのは誤解なのかも?ただしっかり納得してから受けたいレーシックではあります。